ユニットハウスとは?

ここでユニットハウスとは、

事務所や倉庫などで使われている箱型の建築物のことを指して言います。

【ユニットハウス】という言葉自体が、様々なところで使われていたりしますが

広く、世の中に出回っている物の多くは、この箱型の建築物のことを言います。

言葉の由来

そもそも 『ユニット』 という言葉は、1つの単位や集団を意味します。

建物を建てる時に

効率よく建築する方法として、1つの建物を、いくつかのユニットにわけ

建築現場とは別のところで造り

建築現場では、そのユニットを組み合わせて作る事で

工期を短くするという効率の良い方法が考えられました。

それらを 『ユニット工法』 と言い

1つのユニットである骨組みを組み合わせる建設の仕方は

今では一般的な工法です。

その1つのユニットそのものが建物として独立し

トラックに載せて運搬出来るようにした建築物が 『ユニットハウス』 です。

規格化されたシンプル構造

ユニットハウスの基本フレームは、頑丈なスチール(鋼鉄)構造です。

1つのユニットでも、1つの建物として成り立つ物もありますが

その規格化されたボックスフレーム(ユニット)を組み合わせることで

大小様々な建築空間を創り出します。

また、窓や壁、ドアなどはパネルを組み合わせることで自由に設定でき

思いのままの空間をスピーディに施工可能です。

u-steel-1

上記のようなスチール製フレームを1ユニットとして作られていきます。

1ユニットに、壁や窓などのパネルをつけることで単棟になります。

u-img-1

例えば、上写真のようなユニットハウス単棟の場合ですと

4tユニック車で、そのまま運ぶことが可能です。

さらに、2つ横に組み合わせると2連棟、3つで3連棟・・・・・

といったように、かなり大きな建物や

重ねることで、2階建なども可能です。

u-img-2